自律神経とは

自律神経ってご存じですか?
聞いたことはあるけどよく知らないって方が多いと思います。
ヨガを教えるようになってから自律神経の乱れが原因となる症状で悩まれてる方をたくさんみてきました。

よくある症状は
・だるい
・寝つきが悪い
・頭痛
・動悸
・便秘
・喉の違和感
などですが、他にもたくさんあります。

自律神経が崩れる原因は主にストレスですが、気温の変化や偏った食生活、不規則な生活、ホルモンの変化などでも崩れてしまいます。

では、そもそも自律神経とは何なのか?
ざっくりいうと、交感神経と副交感神経からなっていて、血圧や脈拍、体温、代謝、消化吸収などを自動で調整してくれる、生命を維持するうえで重要な神経系です。

交感神経とは
日中活動しているときに働く神経で、身体を緊張させます。

副交感神経とは
休んでいるときに働く神経で、身体を弛緩させます。

どちらも大切。

現代人は身体を緊張させる交感神経優位の方が増えていていると言われていて、交感神経が強く働きすぎると身体はこのような反応をします。
・血圧が上がる
・脈拍が上がる
・呼吸が浅くなる
・瞳孔が開く
・胃腸の働きが抑制される

健康な状態であれば、夜になると自然と副交感神経に切り替わって身体がリラックスモードに入るんですが、ストレスが多い方は、この緊張状態がずっと続いて上手く副交感神経に切り替えることが出来なくなります。
自分では休んでるつもりでも身体はずっと緊張状態。
ほとんどの病気は自律神経のバランスの乱れが原因と言われているので、ひどくなる前に整えておくことが大切です。

ヨガは自律神経を整えると言われています。
どうしてヨガが自律神経にいいのか、実際にどうやって整えていくのかを、次回ご紹介しますね。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ルアナヨガスタジオ
大阪市北区国分寺2丁目1-14 6階
天神橋筋六丁目駅⑤番出口を出て目の前のビル
(阪急OASIS りそな銀行側)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★